« 海水魚・ | トップページ | 総選挙をクイズで学べます »

2009年8月17日 (月)

戦争をどう受け継ぐべきか

今年も8月15日64回目の終戦記念日を迎えました。
戦争とは何かはむずかしいことですが、はっきりと判明している情報では、3400年前から今日までの期間、世界で戦争がなく平和だった期間はわずか268年間だそうです。2009_07100902180053_2












中学生のとき先生が『戦争は絶対すべきではない。しかし、戦争をしたら絶対に負けてはならない』と話されたことを今でも記憶しています。また、高校生のとき論題が『将来戦争は起こるか起こらないか?』で校内対抗戦が行われたことも記憶しています。それから、数年後日本国憲法9条の戦争放棄条文を読む機会がありました。私達は、太平洋戦争の記憶をどう受け継いでゆくべきなのでしょうか?
年々難しくなる課題にどう取り組みゆかなければならないのだろうか?
ご参考に朝日新聞の社説をご紹介します。

手元の太平洋戦争関連のDVD集をひもといて戦争とはなにか、太平洋戦争の記憶をどう受け継いでゆくべきなのかを考えてみたいと思います。
関連サイト紹介
HP戦争を語り継ごう

|

« 海水魚・ | トップページ | 総選挙をクイズで学べます »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

>3400年前から今日までの期間、
>世界で戦争がなく平和だった期間は
>わずか268年間だそうです.

知らなかったです。
平和が一番です。

投稿: Mr.ブラック | 2009年8月20日 (木) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128051/45949660

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争をどう受け継ぐべきか:

« 海水魚・ | トップページ | 総選挙をクイズで学べます »