« アザミさんとお友達さん | トップページ | いずみクラブ »

2009年9月21日 (月)

彼岸花(ひがんばな)・・・

彼岸花(ひがんばな)の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来し、別名曼珠沙華(まんじゅしゃげ),天上の花という意味がありおめでたい
事が起こる兆しに赤い花が天からふってくる・・・
  ▼元荒川南平野に咲く彼岸花(ひがんばな)20090920▼
200909200920_005




☆☆☆
暑さ寒さも彼岸まで・・・ちょっと涼しくなってきた9月中旬・・       
突然茎が伸びてきて鮮やかな色の花を咲かせ数日で花が終わって茎だけになる。花のあとで葉が伸びてくるが、冬と春を越して夏近くなると 全く消えてしまう。   
花と葉を同時に見ることはできない。            
葉のあるときには花はなく、花のときには葉がない。
「花は葉を思い、葉は花を思う」という意味をこめて韓国では相思華(サンチョ)と呼ぶそうです。▼南平野に咲く彼岸花20090920▼
200909200920_001 200909200920_004 200909200920_013 ☆☆☆▼玄奘三蔵塔の彼岸花20020921▼
200909200921_044 200909200921_019 200909200921_030

※花が白い種類もあるそうです。(白花曼珠沙華)
※関連資料
季語:秋の季語。花言葉は「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。
迷信:俗信では、家に持って帰ると、火事になる花とも言われている。
※彼岸花(ひがんばな)の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来するようですが別の説には、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、というものもあるそうです。
※関連サイト
次のサイトを参考にさせていただきました。他サイトと重複します。
フリー百科事典『ウィキペディア彼岸花』

季節の花300 ※お彼岸の常識

|

« アザミさんとお友達さん | トップページ | いずみクラブ »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

 元荒川の土手通り、懐かしいです、
仕事で昔良く此処まで着ました。
お得意さ達今、如何してるかな?
あの時から随分と街並みも変わってしまって
いるでしょうね。

投稿: ヤマケン2007 | 2009年9月27日 (日) 04時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128051/46265077

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花(ひがんばな)・・・:

« アザミさんとお友達さん | トップページ | いずみクラブ »