旅行・地域

2010年9月 6日 (月)

霞ヶ浦の帆引き船

霞ヶ浦の帆引き船とは・・・=霞ヶ浦の帆引き船物語・・・
明治時代に考案された漁船で、昭和40年ごろまで霞ヶ浦で活躍し
現在は観光用として7月下旬~11月中旬の土・日曜・祝日に運航
しているそうです。
(画像等MAPPLE のWebサイトより紹介)Photo

<参照関連HP>
>MAPPLE のWebサイト

http://www.mapple.net/spots/G00801090901.htm
>かすみがうら市観光協会
http://www.city.kasumigaura.ibaraki.jp/kasumi_kankou/index.html
>茨城県かすみがうら市HP
> http://www.city.kasumigaura.ibaraki.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

東武ワールドスクウェア

東武ワールドスクウェアは、平成5年4月24日に5年の歳月をかけて完成しました。人類の貴重な遺産である世界の有名建築物を、後世に残すため敷地内に25分の1の縮尺で精巧に再現し、現在102点の建築物が展示されています。

20091229_
東武ワールドスクウェアでは、東武鉄道 と東武タワースカイツリー(写真)が、東京都墨田区において工事を進めている「東京スカイツリー」を核とした「ライジング・イースト・プロジェクト (業平橋押上地区開発計画) 」の開業 (2012年春)に先立ち、1/25の縮尺で精巧に再現した「東京スカイツリーと周辺複合開発」のミニチュア展示物を製作し、日光国立公園・鬼怒川温泉の東武ワールドスクウェアに2010年4月25日より展示されます。関連サイト東京スカイツリ-Tokyo Sky Tree)より紹介。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

古代蓮の里を訪ねて・・

古代蓮の里を訪ねました。
天然記念物に指定されている古代蓮(行田蓮)は原始的な形態を持つ1400年~3000年前の蓮であると言われています。20090606070407110720a_137 古代蓮の里(行田市)にほど近い小針地内に新しい焼却場施設工事の際に偶然出土した種子が自然発芽し甦り、池に開花しているのが発見されました。地中深く眠っていた多くの蓮の実が出土し、自然発芽して一斉に開花した事は極めて珍しいことといわれています。(行田市HPより引用)
蓮の花の命は4日間、2日目の午前中が一番綺麗に咲くようです。
蓮は早朝に開き午後には閉じてしまうものあるそうです。
観賞の時間帯は、朝7時頃~9時頃が良いと言われております。20090606070407110720a_120                              












古代蓮の里では、古代蓮(行田蓮)を含む40種類余りの花蓮を観賞することが出来るそうです。古代蓮(行田蓮)は6月中旬から8月上旬迄咲き誇るそうです。また、絶滅危惧種オニバスも保護育成されており、巨大な葉を水面に広げておりました。今回、三度目の訪問ですが公園の整備もさらに進み、広さは東京ドームの約3倍、梅・桜・紫陽花やがて臘梅等季節の花が楽しめそうです。

続きを読む "古代蓮の里を訪ねて・・"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

権現堂堤・・峠の茶屋(桜茶屋)

権現堂公園には美しい水辺と緑豊かな自然があります。
桜と菜の花で有名ですが、梅雨の季節には紫陽花、初秋には曼珠沙華(彼岸花)、冬には水仙ロードと楽しみも増え多くの人に愛されております。季節の自然に触れた散策の後、峠の茶屋(桜茶屋)で、権現堂桜堤の歴史の一コマを思い浮かべてみませんか?行幸(みゆき)堤とも呼ばれます。 
▼権現堂峠の茶屋▼      
200906060704_030200906060704_015    

∠舞姫と▼八丈千鳥200906060704_017






関連サイト

・ゆきのやま権現堂公園
・権現堂桜堤について(幸手市観光協会HP)

続きを読む "権現堂堤・・峠の茶屋(桜茶屋)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

どこへ飛んでゆくのかナ・・・

<ホタル舞うある小学校のビオトープ080620>
08062122_5本年も *月*日
この学校の環境委員会の児童達がホタルの幼虫を 飼育し このビオトープに放流しました。 そして、本年もこの日4回目のホタル鑑賞会が開かれました。「光輝くホタルを見せることにより、子どもたちに夢と潤いを与えたい」と「**ホタルの会」のみなさんの協力を得て鑑賞会がこの時期に開催されているようです。児童達の飼育の様子もビデオ放映されておりました。各学校等に、自然環境を設営し児童達が自然に親しめることは喜ばしいことです。でもね!疑問もあるのですが・・・ 
ホタルさんどこへ飛んでゆくのかナ・・・
さらなる自然再生の一歩ために・・・

続きを読む "どこへ飛んでゆくのかナ・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

草加せんべいとおせん茶屋

草加せんべいで有名な草加市を訪ねました。
Osenntiya おせん茶屋は、草加市神明1丁目の児童遊園(180㎡)-昭和62年3月-を改修した小公園内にある。
旧日光街道に面し、かつての宿場の雰囲気をただよわせる。
名前は草加せんべいの伝説上の創始者「おせんさん」にちなんむものだそうです。関連サイト:きりんさん散歩道より-草加せんべいを紹介

続きを読む "草加せんべいとおせん茶屋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

今年も墨田の花火が~

今年も墨田の花火が咲きました・・・200906060612koiwasilyoubu_156
紫陽花の一種でいろんな品種改良の結果登場した紫陽花墨田の花火を-南平野の四季-より紹介しました。・南平野の四季-今年も墨田の花火が咲きました・・・へ

|

2009年5月16日 (土)

ブラシノキ~キンポウジュ

近くにブラシの木があるとお聞きし訪ねました。本当にブラシのような花です。数年前ある植物園で白いブラシの花赤いブラシの花と出会いました。近くに咲いているとは知りませんでした。
▼ブラシノキ~キンポウジュ 元荒川上野付近20090514▼2009042205140516_305












ブラシノキは、通常赤花をブラシの木やキンポウジュ(錦宝樹)と呼び、白花品種はマキバブラシノキ(槙葉ブラシの木)と呼んでいて、ブラシ状をした鮮紅色または白い花序(花房)をつける耐寒性常緑小高木です。花房は雄シベの先に金粉が付いているように光ります。葉は緑色で堅い革質をしており、葉形は線形または被針形、船形で葉の付き方は互生です。2009042205140516_307












花のあとにつける実は、その後もずっと大きくなりつづけ、7~8年は枝についていて発芽能力も持ち続けるそうです。原産地では、山火事にあうまで木についたまま種子を出さず、山火事にあって木が死んだら実が割れて種子が飛び散り、まっさらな土地になったところにすばやく芽を出して、その土地一帯の優占種になるのとのことです。

続きを読む "ブラシノキ~キンポウジュ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

ハンカチの木(花)

今年もハンカチの木(花)も上部に花が咲き苞が白く風にゆられて
おりました。木の上部いくつかの花が咲いていました。
近くの大宮公園のハンカチの木花一輪(5月9日)を残して来年の
開花の準備のようです。
20090422_030_3
20090422_029

写真:20090426
東岩槻駅ハンカチ

続きを読む "ハンカチの木(花)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

桜から芝桜へ

 ▼桜から芝桜へ090420minamihiranokouenn 於:南平野公園 20090419▼












ここ南平野公園の芝桜も満開を迎えております。この地の有志のみなさんにより育てられた芝桜もご覧のように美事に咲きました。公園の桜はまだ小さな桜ですが本年は芝桜と調和した風景は訪れた人々を楽しませてくれました。周辺にはラベンダーも・・・

続きを読む "桜から芝桜へ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)