☆きょうのなぜ 毎日jpトップ毎日小学生新聞ニュース
 ▼秋桜・南平野081019▼  081019_3今日は何の日
今日のこよみ
>国のキッズページ
>環境省 >こどものページ 
>インターネット自然研究所
国立公園野生生物ライブ映像

小児科こどもの病気相談所
WEB小児科「こどもの病気相談所」
きようの新作昔話
童話・昔話・おとぎ話の「福娘童話集」
学研キッズネット >おりがみくらぶ
きょうの童謡みかんの花咲く丘花かげ

» 続きを読む

| | コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

お宮キッズ

       お 宮 キ ツ ズ     (全国神社総代会提供) 神様や神社に...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

学研百科事典キッズサーチ

heart04 学研学習百科事典キッズネットサーチheart04     (便利な百...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年11月17日 (水)

消防に関する昔話

日本昔話=三枚のお札福娘童話集

関連サイト
消防記念の日へ
写真:東京消防庁「ちどり」。
20100306
むかしむかし、ある山寺の小坊主が、クリ拾いに行きたくなりました。
「和尚(おしょう)さん、山へクリ拾いに行ってもいいですか?」
小坊主が聞くと、和尚さんは答えました。
「クリ拾いか。しかし、山には鬼ババが出るぞ」
「でも・・・」
小坊主が、どうしても行きたいとだだをこねるので、和尚さんは三枚のお札を渡して、
「困った事があったら、このお札に願いをかけなさい。きっと、お前を助けてくれるじゃろう」と、小坊主を送り出しました。
小坊主は山に入ると、あるわあるわ、大きなクリがたくさん落ちています。
小坊主が夢中でクリ拾いをしていると、突然目の前に、鬼ババが現れました。
「うまそうな坊主じゃ。家に帰って食ってやろう」
小坊主は身がすくんでしまい、叫ぶ事も、逃げ出す事も出来ません。
そしてそのまま、鬼ババの家へ連れていかれました。
恐ろしさのあまり、小坊主が小さくなっていると、鬼ババはキバをむいて大きな口を開けました。
(たっ、大変だ。食われてしまうぞ)
小坊主はそう思うと、とっさに、
「ウンチがしたい!」
と、いいました。(続く~)
(日本昔話=三枚のお札=福娘童話集

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

文化勲章

文化勲章授与式(時事通信) 文化勲章:皇居で7人の授与式 ノーベル賞の2人も(毎日新聞)     (...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

南アフリカ(共和国)

2010 FIFAワールドカップ開催国、開催国南アフリカ共和国のお問い合わせがありました。FIFAワールドカップ開催、2010年6月11日から7月11日にかけて、開催される第19回FIAワールドカップある。
開催国の初戦はこれまで15勝5分けでしたが南アフリカも引き分けでした。
南アフリカ共和国はリンク紹介させていただきます。>
アフリカ大陸南端部にある共和国でイギリス連邦加盟国です。
面積は121万9090km2。
人口は4364万7658人(2002年推計)。
首都はプレトリア(行政府)、
ケープタウン(立法府)、
ブルームフォンテーン(司法府)で、
最大の都市はケープタウン。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

ひな祭り・真央ちゃんひな

ひな祭りとは、平安時代の京都の風習だった子供の無病息災を願う上巳の節句(じょうみのせっく)と、ままごとの遊びが江戸時代初期に融合し、女の子のお祭りになったといわれています。ひな祭りという呼び名は、小さな人形で「ままごと遊び」することを「ひいな遊び」と呼んでいたのが語源です。 はじめは京都の上流階級の家だけの行事でしたが、しだいに民間の行事となり、やがては地方へとひろまっていきます。ひな祭りは江戸時代中期にかけて年々盛んになり、人形やひな壇もどんどん派手になっていきました。当時は等身大の人形をかざったひな壇もあったといいます。
Oai1002231915025
ですが、1721年(享保6)に、ぜいたくな生活を規制する当時の江戸幕府によって、ひな人形の大きさは24cm以下とさだめられました。ひな祭りのことを別名で「モモの節句」といいますが、それは当時の旧暦の3月3日は、現在の4月上旬にあたり、ちょうどモモの花も開くころだったからです。また江戸時代、ひな祭りの日には、銭湯でモモの葉をお風呂に入れた「桃の湯」に入るのが流行していました。昔話の桃太郎が鬼を退治するように、植物のモモには災いをおいはらう効能があると信じられていたからです。(出典HP366日への旅より)
★時の流れでしょうか・・・ひな祭り・・・真央ちゃん人形も
浅田真央選手をモデルにしたひな人形が、人形店「久月」本店(東京都台東区)にお目見えした。人形は高さ51センチ、重さ4・5キロで、完成まで15日を要した。1点限りの非売品で3月3日まで展示される。(時事通信社等)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

3匹の子ブタ

ブタに関する昔話=3匹の子ブタ=福娘童話集
1972(昭和47)年3月1日にアメリカのエレン・スタンリーとメアリー・リン・レイブ姉妹が、最も利口で役に立つ家畜のひとつである豚への感謝を込めて制定されました。
3月1日はビキニ・デーです。1954(昭和29)年、太平洋のビキニ環礁でアメリカが水爆実験を行い、附近を航行していたまぐろ漁船「第五福竜丸」の乗組員が被曝した日でもあります。
毎年3月1日は、世界で反核集会等がおこなわれます。
51e7tqbc1vl__sl500_aa240_090

  YouTube=三匹の子豚

むかしむかし、あるところに、三匹の子ブタがいました。
みんなの名まえは、一番のお兄さんが「大ブタちゃん」、二番目のお兄さんが「中ブタちゃん」、三番目の弟が「ちいブタちゃん」です。
さて、三匹の子ブタは、それぞれ自分のお家をつくることになりました。
大ブタちゃんは、ワラのお家をつくることにしました。
ワラをなわでしばって、ギュッ、ギュッ、ギュッ、はい、すぐにできあがりました。
中ブタちゃんは、木のお家をつくることにしました。
まず柱を立てて、まわりにならべた木にクギをうって、トントントンと、はい、できあがりました。
ちいブタちゃんは、
「ぼくのお家はワラでも木でもない、かたくてじょうぶなレンガでつくろう」
レンガを運んで、レンガをつんで、ヨイショ、ヨイショ、ヨイショ、時間はかかりましたが、ようやくできあがりました。
「ワーイ、できた、できた」
自分たちのお家ができて、三匹の子ブタはとてもごきげんです。
すると、山にすんでいるわるいオオカミが、ワラのお家にやってきました。
「大ブタくん、大ブタくん、ここをあけておくれ。ぼくをお家に入れとくれよ」
大ブタちゃんは、ビックリして答えました。
「とんでもない! ぜったいにいやだよう!」
するとオオカミは、恐ろしい声でどなりました。
「よーし、そんなら、こんな家なんか、おれさまの自慢(じまん)の息(いき)で、ふき飛ばしてやるぞ!」
オオカミがほっペをふくらませて、フーッと息をふいたら、ワラのお家はバラバラにふき飛んでしまいました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

月光仮面は誰でしょう

未だTVがカラーでもなく薄型TVでもない白黒TVがやっと一般家庭に入ってきた時代でしょうか?月光仮面は誰でしょう・・・1958(昭和33)年2月24日、ラジオ東京(TBS)で国産テレビ映画ヒーローもの第1号である「月光仮面」の放映が開始されました。1959(昭和34)年7月5日まで第1話・月光仮面現れる~133話・天の裁きまでが放映されました。
★「月光仮面は誰でしょう」★
川内康範作詞・小川寛興作曲
どこの誰かは 知らないけれど
誰もがみんな 知っている
月光仮面の おじさんは
正義の味方よ よい人よ
疾風(はやて)のように 現れて
疾風のように 去ってゆく
月光仮面は 誰でしょう
月光仮面は 誰でしょう

     ▼函館市グリーンプラザの月光仮面像▼20092601
月光仮面は誰でしょう (YouTubeリンク)
懐かしいお歌ですね~初めて聞く歌ですか?


きりんさんくらしさんへ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月22日 (月)

ねこに関する昔話

ねこに関する昔話=長靴をはいたネコ=福娘童話集 
おりがみくらぶ ねこのかお

「ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)」という猫の鳴き声の語呂合わせということで、猫の日制定委員会が1987(昭和62)年に制定しました。この日に決まったのはペットフード工業会が全国の愛猫家から公募した結果です。


★むかしむかし、粉ひきが三人の息子を残して死んでしまいました。
粉ひきは貧乏でしたから、財産といったら水車小屋(すいしゃごや)と、ロバと、ネコが一匹だけです。
その中から、一番上の息子が水車小屋をもらい、二番目の息子がロバをもらい、三番目の息子がネコをもらいました。
「あぁー。ネコなんてもらっても、なんの役にもたちやしない。お金もなしに、どうやって暮らしていけばいいのかなあ」
三番目の息子がグチをこぼすと、ネコがいいました。
「ご主人さま。まあ、そういわないで。わたしに長ぐつを一足と、大きな袋を一つ作ってください。そうしたら、必ずお役に立ってみせますから」
三番目の息子はしかたなしに、いわれた物を作ってやりました。
「わあ、すてき、すてき。ありがとう」
ネコはピカピカの長ぐつをはいて、大喜びです。
さっそく森へ出かけていくと、途中の畑でお百姓(ひゃくしょう)にもらったニンジンを入れた袋を木のそばへ置いて、ジッと、ようすをうかがっていました。
そこへ、なにも知らないウサギの一行がやってきて、袋の中へ、ピョン、ピョン、ピョン。
「よしよし、この大量のウサギを見れば、王さまも大喜びされるにちがいない」
この国の王さまは、ウサギが大好物なのです。
ネコはウサギの入った袋をぶらさげて、王さまのお城へ出かけていきました。
「王さま。このウサギは、わたくしの主人、カラバ公爵(こうしゃく)からの、おくり物でございます」
「これはかたじけない。よしよし、これからお礼にでかけるから、そう、お伝えしてくれ」
それを聞いたネコは、急いで家ヘもどってきました。
「ご主人さま、ご主人さま、川の中へ入って、おぼれるまねをするのです。さあ、早く、早く」
そういうと、ネコはありったけの声で、
「たいへん! たいヘん! カラバ公爵さまがおぼれそうだ! おまけにドロボウに服を盗まれた! 助けてください! 助けてください!」

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

天気に関する昔話

日本昔話=カッパの雨ごい福娘童話集= 

むかし、森にかこまれた小さな村がありました。
その森の中に、古いぬまがあって、一ぴきのカッパがすんでおりました。
このカッパは、ひどいいたずらもので、畑をあらしたり、ぬまへ人をひきずりこんだりのわるさをするので、村の人たちはたいそうこまっていました。
ある日のこと、この村にやってきた旅のぼうさんが、いたずらカッパの話を聞きました。
ぼうさんは、さっそくぬまへいって、カッパをよびだしていいました。
「おめえさんは、わるいことばかりしとるようじゃが、いったい、なにが気に入らんで、そんなことするんじゃあ? うん?」
するとカッパは、こんなことを話しはじめました。
「わしはなあ、カッパの身の上がつらいんよ。こんなすがたでは、人間のなかまには入れてもらえず、そうかといって、魚やカメのなかまでもねえ。おもしろくねえ。だからおらあ、ときどきむちゃくちゃあばれまわっとるのよ」
話しているうちに、カッパは悲しくなってきました。
「おぼうさま、人間に生まれかわるには、どうしたらいいだ」
「それはのう、おまえが生きているあいだに、なにか人のためになることをすることだ」
「そうか、わかった」
カッパはぼうさんに礼を言うと、帰っていきました。
その年の夏のことです。
村は何日も何日も日でりがつづいて、作物はかれるし、いどの水もなくなってしまうしで、村人たちは、毎日毎日広場に集まって、朝からばんまで空に向かって雨ごいをしました。
うらない師のおばあさんも、雨がふるようにいのりつづけました。
「雨をふらせてたもれ、雨をふらせてたもれ!」
そのころ、あのぬまのカッパが、村の中へ入ってきました。
「カッパじゃ、やっつけろ!」
村人たちは、カッパをとりかこんでおそいかかりました。
日ごろのうらみをはらそうと、なぐったりけったり。
だけど、カッパはおとなしく、されるままです。
そして、いまにも死にそうなようすでやっと顔を上げると、雨ごいをさせてくれとたのみました。
村人たちは、またカッパがいたずらでもするのかと思いましたが、このひどい日でりに、わらをもつかむ思いで、カッパをしばったまま、広場のやぐらの上につれていきました。
カッパはしばられたまま、やっとのことで体をおこし、天をあおいでいのりはじめました。
「神さま、おら、いままでわるいことばかりして、村の衆にめいわくをかけてきた。だから、おらの命とひきかえに、村に雨をふらせてはくださらんか。どうか、おねげえですだ」
カッパの雨ごいは、何日も何日もつづきました。
そのあいだ、カッパは水も飲まなければ、食べものも食べません。
カッパのいのりの声は、苦しそうに、とぎれとぎれになっています。
「神さま・・・、おねげえです・・・だ。雨をふらせて・・・けろ・・・」
カッパのいのりがあんまり熱心なので、いつのまにか、村じゅうの人たちもいっしょになっていのりはじめました。(~続~)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

カナダ国(首都 オ タ ワ)

国名はカナダ(首都 オ タ ワ)。イギリス連邦に加盟する。北アメリカ大陸の北部を占める立憲君主制の連邦国家である。森林、石油、天然ガス、鉱物、魚類などの天然資源にめぐまれており、世界有数の工業国でもある。国名は先住民イロコイの言葉に由来し、「村」あるいは「集落」を意味すると言われる。

Scrn03kanada

                         ▲カ ナ ダ 国 の 国 旗▲
中央はかえでの葉で18世紀以来国のシンボルとなっている。左右の赤はこの国が太平洋と大西洋に面していることを意味する。

カナダといえば、ロッキー、ナイアガラ、メープル街道、プリンス・エドワード島が人気だが、広大なカナダには土地ごとに四季折々の魅力があふれている。自然とアウトドア派にはウィスラーでのスキーと夏のアクティビティ、バンクーバー島でのホエール・ウォッチング、イエローナイフのオーロラ観測、都会派にはバンクーバー、ビクトリア、トロント、モントリオールといった街々でのグルメ・ショッピング・エンターテインメントの楽しみが待っている。第21回冬季五輪バンクーバー大会が2010年2月12日(日本時間2月13日午前11時)開幕された。
HP地球の歩き方等より紹介)

カナダ関連ニュースへ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

江戸小話・・・越後屋

☆1866(慶応2)年2月13日、当時の人々に「西部のロビン・フッド」ともてはやされたジェシー・ジェイムズ兄弟が、初めて銀行強盗に成功したそうです。この事件は、アメリカで白昼に起きた初の銀行強盗事件ともいわれ彼らを主人公にした映画「ロングライダーズ」はヒットしました。

★最近の銀行強盗事件(Googleニュース)shine

強盗の出てくる昔話=江戸小話=越後屋=福娘童話集
☆むかし、おしこみ強盗の一団がおりました。
ある晩、江戸一番の越後屋呉服店へおしこむことにきまりました。
親分は、手下のものを見わたして、「よいか。人にけがをさせて、反物をよごしたのでは、金にならん。店のやつは、かたっぱしからさるぐつわをはめ、柱にしばりつけろ。そのうえで、全部持ち出すんだ。いいな」
「へえ」 そこで、用意万端ととのえ、夜ふけを待って、越後屋ヘ押し入りました。「お店にどろぼうだー!」と、走りでてくる番頭に手代。こぞうに下男。お針に女中。
出てくれば、ふんじばり、出てくれば、ふんじばり、かたっぱしから、ふんじばっては柱にくくりつけました。
けれども、さすがは天下の越後屋。
出てくるわ、出てくるわ、いくらしばっても、しばりつくせません。
そのうち、あたりが白んで、カァカァと、カラスの声。
「そりゃ、夜があけた」「つかまっては、たいヘん」
とうとう、おしこみ強盗の一団は、何一つ取らず、逃げ出したそうな。
 (おしまい)=(江戸小話)=越後屋=福娘童話集

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«モンゴル国(ウランバートル)