時流・・

2015年3月21日 (土)

地下鉄サリン事件

地下鉄サリン事件とは、1995年(平成7年)3月20日に、東京都の帝都高速度交通営団で、宗教団体のオウム真理教が起こした神経ガスのサリンを使用した同時多発テロ事件で、死者を含む多数の被害者を出した。警察庁による正式名称は地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件である。この事件は日本だけでなく、世界にも大きな衝撃を与えた。
ウィキペディア百科事典より抜粋紹介)

続きを読む "地下鉄サリン事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

4月3日朝、津波到達も

=太平洋沿岸、注意報レベル―=気象庁
南米チリ沖で起きた地震で、気象庁は2日、津波が3日朝に日本列島の太平洋沿岸に到達する可能性があると発表した。到達した場合は注意報レベルで、高さ20センチから1メートルと予想される。
 4月2日深夜に米ハワイでの津波観測値に基づき判断し、注意報を発令する場合は3日午前3時ごろ行う。警報の場合はより早く発令する。

続きを読む "4月3日朝、津波到達も"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

成人年齢・・18歳・・・

民主党憲法調査会(中野寛成会長)は12年1月18日、国会内で役員会を開き憲法改正の手続きを定めた国民投票法の検討課題となっている投票権年齢の引き下げを優先的に取り組む方針を正式に確認した。
護憲派を多数抱えながらも憲法問題に前向きな姿勢を見せるための苦肉の策だが、改正論議の実質的な先送りにすぎない。自民党は、サンフランシスコ講和条約発効60周年となる4月28日までに新たな憲法改正案をまとめる方針を固めており、憲法改正に関する民主、自民両党の姿勢の違いが鮮明になった。
国民投票法は投票権年齢について本則で「18歳以上」としながらも、付則では、民法の成人年齢が現行の20歳以上から18歳以上に引き下げられるまでは「20歳以上」と規定している。
これに関し、同調査会の鈴木寛事務局長は記者団に「明白な立法の不作為状況にあるのはこのテーマだ」と述べ、憲法改正よりも投票権年齢引き下げが重要だとの認識を示した。が・・・

続きを読む "成人年齢・・18歳・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

原発大津波・危険2年前に指摘

今回の東北関東大震災(=東日本大震災=)で大津波が直撃した東京電力福島第1原発(福島県)をめぐり、2009年の審議会で、平安時代の869年に起きた貞観津波の痕跡を調査した研究者が、同原発を大津波が襲う危険性を指摘していたことがH23年3月26日分かった。
共同通信
▼「まなびの杜」より紹介▼

津波災害は繰り返す=貞観津波=
まなびの杜」とは、多くの方々に東北大学の研究や教育、学生の活動などを理解していただくよう東北大学が発刊している広報誌です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

今年9月7日に発生した尖閣沖での中国漁船衝突は突然起こったわけではない。中国は尖閣諸島の実効支配をにらんで8月に大漁船団を送り込んでいたのだ。
漁船衝突の前に中国は270隻の大船団を尖閣に送り込んでいた - 速報:@niftyニュース.

続きを読む ""

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

数えることに夢中になっては本末転倒!

リンク: <a title="数えることに夢中になっては本末転倒! - 速報:@niftyニュース" href="http://news.nifty.com/cs/item/detail/r25-00004037-2/1.htm">数えることに夢中になっては本末転倒! - 速報:@niftyニュース</a>.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

日本航空とは・・・

朝日新聞解説=日本航空とは
1951年設立。国を代表するナショナルフラッグとして国際線を長年独占し、87年に完全民営化された。現在の日本航空は02年、日本航空と日本エアシステムが経営統合したのを機に設立された持ち株会社で、主力の航空運送を担当する日本航空インターナショナルなどを傘下に持つ。1月19日に会社更生法を申請した。同時に、官民が出資する再生ファンド「企業再生支援機構」が支援決定し、京セラ名誉会長の稲盛和夫氏が会長に就任。裁判所の管理下で3年以内の再生を目指す。
日航グループは、279機の航空機を保有(09年3月末、リース含む)し、日本を含む世界35カ国・地域の217空港に乗り入れている。09年3月期の連結売上高は1兆9511億円。旅客数は5280万人の国内最大手で、世界でも13位(08年、有償旅客キロベース)。従業員数は約4万8千人。
08年度以降、世界不況や新型インフルエンザ流行による乗客が激減したことに加え、燃費の悪いジャンボ機を多数保有することなどによるコスト高が重なり、経営が急速に悪化。09年9月中間決算では連結は過去最悪の1312億円の純損失となった。
日本政策投資銀行などの支援を受け国交省主導の再建を模索していたが、09年9月に就任した前原誠司国土交通相が、再建チーム「JAL再生タスクフォース」を設置して政治主導で抜本的な再建に着手。同チームの報告を受け、日航は10月末に企業再生支援機構に支援を要請した。機構は、大口債権者と債権カットなどについて前もって同意しておく「事前調整型」の手法を用いて、法的整理のうえで支援に乗り出す。
経営の厳しさは今に始まったことではない。01年9月の米同時多発テロ事件、03年の新型肺炎SARS流行など、航空業界を巡る外部環境はここ数年非常に厳しい。
問題は内部にもある。02年の統合直後から、相次ぐ運航トラブルで、顧客がライバルの全日本空輸に流れ、経営の足を引っ張った。06年には役員人事を巡るお家騒動もあった。

続きを読む "日本航空とは・・・ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

蓮舫氏の雑誌特集問題・・

蓮舫氏の雑誌特集を拝見した。
お母さんのお気持ちが良くわかります・・・

リンク: 蓮舫氏の雑誌特集問題に母「これのどこが問題なのよ!」 - 速報:@niftyニュース.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

CT検査でがんになる

リンク: 「CT検査でがんになる」 「放射線」専門家が衝撃レポート - 速報:@niftyニュース.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

はやぶさお帰りなさい

はやぶさ・・・
オーストラリア中南部ウーメラの砂漠に7年ぶりに帰還した。
JAXA(宇宙航空研究開発機構)は6月13日午後8時前、小惑星探査機「はやぶさ」が地球へ帰還するため、小惑星「
イトカワ」の土壌サンプルが入っている可能性がある回収用カプセルを機体から分離と発表。
分離は帰還に向けた最終作業で、13日午後7時51分に成功。カプセルは順調に13日深夜大気圏へ再突入し、オーストラリア中南部ウーメラの砂漠に無事着地した。はやぶさは飛行中の相次ぐトラブルで飛行期間が当初予定より3年間延長され、カプセルの分離装置がうまく作動するか懸念されていた。
回収用カプセル内に小惑星「
イトカワ」の砂が入っている可能性があり、太陽系の歴史を探る貴重な試料として期待される。土壌サンプルがあれば宇宙の夢が大きく広がることにもなる。(各報道機関等情報)
1006132017003 写真:探査機はやぶさが小惑星に着陸する想像図(池下章裕さん・小天体探査フォーラム・宇宙機構提供)

 ☆はやぶさ関連情報☆
「はやぶさ」はどんな旅をしてきたの?
   (毎日新聞
  
Google ニュース

続きを読む "はやぶさお帰りなさい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧