マンションの法律散策

2014年3月 1日 (土)

マンションについて知ろう・・

マンションや団地建物について皆さんと共に考えて参りたいと思います。
信頼サイト(公財)マンション管理センターよくある相談(Q&A)をご参照下さい。 

(組合と法人、単棟型と団地型と複合型とでは概念が異なる場合があります。
また、管理方式が、自主管理の場合や委託方式により異なりますので
ご注意下さい)   


規約運営  法規(区分所有法・規約・細則)
規約運営  組合運営(総会・理事会・会計) 
規約運営  管理費・管理委業務
修  繕 金  融 その他
070107sinntosinn
関連サイト
公益財団法人マンション管理センター
一般社団法人 マンション管理業協会
マンション管理ネット
社団法人埼玉建築設計監理協会
一般社団法人日本建築学会

住まいの水先案内人
静かな家づくり
国土交通省住宅建築用語集

続きを読む "マンションについて知ろう・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

マ)管理適正化法施行規則の改正~

マンションの管理の適正化の推進に関する法律施行規則の一部を改正する省令(平成21年国土交通省令第35号)が平成21年5月1日に公布されました。なお、施行は平成22年5月1日となります。(一部については公布の日)。今回の省令改正により、管理組合財産の分別管理の方法が改正されました。改正後の分別管理の方法は、平成22年5月1日以降に管理委託契約を締結するものから適用されることになります。
今回の改正においては、
 ・財産の分別管理の方法
 ・会計の収支状況に関する書面の交付等
 ・業者標識の表記事項等
についての改正を行っております。
概要
改正内容説明資料】     
改正省令条文
新旧
国土交通省HPより紹介
関連サイト
社団法人 高層住宅管理業協会
住宅サーチHP 
三菱地所藤和コミュニティ株式会社


続きを読む "マ)管理適正化法施行規則の改正~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

マンションの耐用年数・・

マンションの耐用年数はどのくらいなのかご存じですか?
マンションなら「60年もつ」とよく耳にしますが、根拠はあるのでしょうか。現実には長持ちするマンションがある一方で、40年で壊されてゆくマンションもあるのです。
両者の違いは何なのか、マンションの寿命を決める要素は何なのか、見ていきたいと思います。
総合生活情報ウェブサイト「All About」よりリンク紹介です。ご参照下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

マンション関連法令・・・

★マンション関連法令を財団法人マンション管理センターよりリンク紹介
マンションの管理委託契約に係る標準管理委託契約書について

   (国土交通省HP
マンション標準管理規約国土交通省HP

続きを読む "マンション関連法令・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

修繕積立金等のペイオフ対策は・・・

管理費・修繕積立金等のペイオフ対策に留意することは・・・

前提条件として、マンション管理組合の社団性を確保することが必要です。
金融機関が破綻した場合、マンション管理組合がその預金について預金保険による保護を受けるには、いわゆる「権利能力なき社団」としての要件をそなえていること又は管理組合法人であることが必要です。
「権利能力なき社団」と認められるためには、一般的には、管理規約などが存在しており、かつ、その実態においても「団体としての組織を備え多数決の原則が行われ構成員の変更にかかわらず団体が存続しその組織において代表の方法総会の運営財産の管理など団体として主要な点が確定していること」(最高裁 昭和39年10月15日判決)が必要です。基本的には、各金融機関がその実態を見て判断されます。
また、区分所有法の改正にともない、マンション管理組合は、区分所有者が30人以上から2名以上であれば区分所有法47条1項の規定により、区分所有者及び議決権の各4分の3以上の多数による集会の決議により管理組合法人となることができます。

関連サイト
金融庁のホームページ
預金保険制度について

続きを読む "修繕積立金等のペイオフ対策は・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

不在組合員の協力金支払いは適法・・・

マンション管理費住まぬ人に増額負担金「有効」組合徴収適法
    =最高裁判決で認める=
マンションの管理組合が不在組合員に協力金支払いを求められるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)はH22年1月26
日、協力金は適法と認めた。
最高裁小法廷は「管理組合運営を巡って不在所有者に一定の負担を求め居住所有者との不公平を是正しようとしたことには必要性と合理性がある」と判断した。
不在所有者側の敗訴が確定した。(各報道機関)

Pn2010012601000832___ci000320100126
★舞台(写真)は、大阪市北区の「中津リバーサイドコーポ」(4棟、計868戸)。
マンション管理組合の総会決議により行われた自ら専有部分に居住しない組合員が組合費に加えて住民活動協力金を負担すべきものとする旨の規約の変更が,建物の区分所有等に関する法律31条1項後段所定の場合に当たらないとされた詳細は下記の判例をご参照下さい。
平成20(受)666 協力金請求事件  
平成22年01月26日最高裁判所第三小法廷判決
 破棄自判 大阪高等裁判所


関連サイト
最高裁判所
(最高裁判所判例集及び下級裁判所判例集については過去3か月以内, 知的財産裁判例集については過去1か月以内の各判例の一覧を表示します。ご希望の判例をクリックしてください。)
最高裁判所判例集
下級裁判所判例集
知的時財産裁判例集

続きを読む "不在組合員の協力金支払いは適法・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

公平性重視した妥当な判決だ 

マンション管理 公平性重視した妥当な判決だ 最高裁判決(1月26日)

どのマンションでも起こり得るトラブルについて、最高裁が一つの解決策にお墨付きを与えたということだろう。
分譲マンションの住民で構成する管理組合が、部屋を所有しながら賃貸目的などで自らは住んでいない不在組合員の管理費を、
「協力金」名目で増額できるか・・・。
これが争点だった訴訟で、最高裁は、「必要性、合理性が認められる」として、増額を認める判断を示した。
不在組合員の実態について、最高裁は、「管理組合の役員になる義務を免れているばかりでなく、組合の活動に、日常的に労務を提供するなどの貢献をしていない」と指摘した。管理組合の運営に当たっては、組合員全員が平等に負担を分かち合うべきだが、不在組合員は「利益のみを享受している」との見解も示した。
住民の間の不公平感を拭(ぬぐ)うことを重視した妥当な判断である。
問題となっていたのは、大阪市内にある築40年ほどのマンションだ。2004年時点で、868戸のうち、不在組合員が約2割を占めていた。この管理組合は、月額1万7500円の組合費に加え、不在組合員に対しては、2500円の協力金を求めたが、5人の不在組合員が支払いを拒み続けていた。
マンションの保守管理や住環境の維持のために、管理組合の存在は欠かせない。組合の役員は、建物の修繕計画や防犯対策にかかわるほか、マンションを代表して町内会の催しなどへの参加を求められることも多い。
そうした負担と責任は、決して軽くはない。その運営に寄与していない不在組合員は、協力金の支払いによって、管理組合の活動に報いるべきだ。それが最高裁判決の趣旨といえる。
賃貸の増加のほか、居住者の高齢化により、管理組合の役員を務めることができない世帯が増えてきたマンションも少なくないのではないか。小規模なマンションほど、役員の担い手不足が、より深刻であろう。
一部の住民に管理組合の運営の負担が偏れば、不公平感が募り、どうしても住民同士のあつれきが生じやすくなる。
今回の判決を契機に、マンションを巡る訴訟が増えるのは、好ましいことでない。大切なのは、賃借人も含め、住民が協力し合って、実情に沿った住みよいルールを作っていくことである。

続きを読む "公平性重視した妥当な判決だ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

マンション団地発祥

マンション団地発祥
◎大都市圏の住宅不足を背景に、不燃住宅を大量供給するため昭和29年日本住宅公団が発足した。公団の第1号団地は翌昭和30年3月に大阪府堺市に完成した金岡団地で、賃貸の675戸。続いて5月に北九州の曙団地、8月に東京・三鷹の牟礼団地などが完成した。195    
間取りは6畳、
4畳半の二間と
ステンレスの流し台がついたダイニングキッチンの
2DKに、風呂と水洗トイレつき。公団住宅はあこがれの的となり、入居競争率は10倍から20倍、なかには数百倍のところもあった。(写真は第1号団地の金岡団地 1957年2月大阪・堺市  毎日新聞より紹介:
当時の毎日新聞
◎この、マンション法律散策では、日本国内法に於けるマンションに関する周辺の法律について散策することとしました。(『マンション法』という単独の法律はないのですが・・・)

続きを読む "マンション団地発祥"

| | コメント (0) | トラックバック (0)